移動平均線でトレンドを見つけよう!

メタトレーダーのテクニカル指標のなかでも、基本中の基本といえるのが移動平均線です!FX取引がより人気が出るようになった背景には、この移動平均線が用いられるようになったから、という説もあるほどです。この移動平均線にはいくつかの種類がありますが、そのなかでももっとも多く使われているのが、単純移動平均線です。これは、ある期間の終値の平均を結んでいったもので、この方向が上向きなら上昇、下向きなら下降と、簡単にトレンドを見分けることができるんです!また、移動平均線は短期、中期、長期と見ていくことができるのも特徴です。たとえば、5日移動平均線なら5日間分、25日移動平均線なら25日分の終値の平均をあらわしています。基本的に期間が短ければ短いほどトレンドの転換も見つけやすくなりますが、誤って出てしまう「ダマシ」というケースも増えてくるので気をつけましょう!細かいトレンドは見きわめることはできませんが、長期の移動平均線なら「ダマシ」が出ることもないので、うまく使い分けていく必要があります。


グランビルの法則で売買のタイミングが分かる!


グランビルの法則は、有名アナリストのジョセフ・E・グランビルが見つけた売買のタイミングを知る方法です。200日移動平均線を基準に、為替レートがどれくらい離れているかを調べることで、8つのシグナルを見つけることができます!


チャート分析にはほかにもいろいろ種類がある!


ほかにも、ボリンジャーバンドや一目均衡表、そしてMADCというように、チャート分析にはさまざまな種類があります。どれも利益を得るために大きな武器となるので、少しずつおぼえて参考にしていきましょう!


為替取引をするときには国の情勢に気をつけよう!


通貨というのは、つねに価値が下がるリスクを持っています。たとえば、戦争のようなアクシデントによって、いきなり暴落するということもありえるので十分に注意しなければいけません。実際に、2015年にはISによるテロがフランスであり、その影響もあってユーロはなかなか浮上のきっかけがつかめずにいます。内戦やテロが日常的に起こっているような国の通貨は、まったく価値がなくなるケースもあるので要注意!もちろん、普段の経済や政治にも大きな影響があるので、経済に関わるニュースはよくチェックして、しっかりアンテナを張っておくことも重要です。特に2016年には、アメリカでさらなる利上げが予想され、FX取引ではスワップポイントも含めて大きなチャンスが見込めます。そのタイミングを見はからって、利益を逃さないようにしましょう!


業者選定には時間がかかります。レバレッジや取引条件をまとめて分析しなければ比較。

FX: