FX業者選定

海外FXに燃えるトレーダー

FXの魅力は何といってもそのギャンブル性でしょう。実はバイナリーオプションの方が一般的にはリスクが高いとも言われていますが、FXもほとんど同じくらいのリスク管理能力が必要と言えます。

通貨の価値が上がっていくか下がっていくか見極めて、自分のポジションを持てばいいというシンプルさ。ウインorルーズのどちらかしかなく、その確率は50%です。

以下FXには必須のタームです。

とはいえ、競馬や宝くじのように買って外れたらはいそれまで!というチャンスはたった1回のみで終わるようなものではなく、もし、予想と外れた値動きをしても、数分後、数時間後、数日後には盛り返す可能性もあります。

ギャンブル性があるもののれっきとした金融商品のひとつであることには変わりありません。近年では自己資金に対する取引通貨数のかけ率であるレバレッジが、一律20倍までに法律によって制限されました。ここに海外勢の強さが出てくる要因となったのです。XM.comでは888倍までというなんと日本企業の40倍以上のレバレッジを用意しているのです。

以前まではたった1万円の資金で100万円分の円/ドルを投資することが可能となったわけですが、ロスカットによる損失が過大なものとなり、破産する人も出てしまったためレバレッジが制限されているという背景があります。私の経験ですが、以前は少ない投資額で大きなリターンを狙う、いわばギャンブラーでした。

しかし一度は勝っても、2回、3回と連続して勝つのは難しく欲張りすぎてたびたびロスカットにあっていたんですね。このロスカットというのは取引証拠金、いわゆる自己資金と保有通貨の割合が、あらかじめ証券会社の方で決められた限界に到達すると、それ以上の損失拡大を防ぐために自動的にすべての通貨が決済されるというシステムです。

で、このロスカットはだいたい自己資金が10万円だったとするとその50%である5万円以下に損失が及んだ時点で行われるので、10万円から5万円に減り、さらに半分の2.5万円、1.25万円…という風に減っていき、最後はゼロとなってしまう悪循環に陥っていました。

しかしレバレッジをコントロールして、リスクを減らしながら取引を行う方法を覚えてからは、デイトレードで10万円、20万円稼ぐなどザラにありました。結果的に1カ月で100万円の利益を得た月もあります。

月給の5倍の額をFXで稼げてしまう、しかも取引は会社から帰宅して夜寝る前の1~2時間くらいです。バイナリーオプション海外、ここでチャレンジをしているトレーダーも多いと聞きます。頻繁に売り買いを繰り返すデイトレードを1時間くらい行い、そのあとに数日間の値動きを予想して、次の日に決済を行うための通貨を注文するというサイクルです。

基本的に円よりも利率が高い通貨を買い持ちいておけば、利息によるスワップポイントが付きますから、仮に決済できなくても儲けを得ることができるという利点があります。


物件に関する投資を行う場合、費用に関する問題が浮上する事がしばしばあります。

それで大きなハードルを感じてしまう方々も、決して少なくありません。

例えば、アパートやマンションなどの投資があるでしょう。基本的には家賃収入などによって、利益を目指す事になります。
ところがアパート物件などでは、初期投資額がかなり大きくなる一面もあるのです。それがどれ位になるかも、やはり物件次第ではあります。それなりに大きなお金を動かす事は、間違いないでしょう。

ところで駐車場投資には、金額に関するメリットがあります。基本的にそこまで大きな金額が求められるケースは少ないからです。
確かに駐車場物件を購入するお金だけは、間違いなく必要になります。それなりの数字とは言えるでしょう。

ところが駐車場は一旦購入すると、追加費用などが発生する確率が極めて低いです。基本的には、物件の購入価格に限定される事になります。
アパート経営などでは、必ずしもそうとは断言できません。例えばアパート物件に対して、何らかのリフォームを行う事はあるでしょう。それで追加費用が生じてしまい、思わぬ出費になってしまうケースも多々あります。それがアパート経営のハードルの1つです。
それに対して駐車場投資ですと、基本的に追加費用が生じる事が無いのです。上記でも触れた通り、原則として購入時の費用に限定される事になります。それだけ出費を抑える事が可能ですから、メリットは大きいでしょう。

また駐車場投資は、メンテナンスに関するメリットがあります。アパートよりは、メンテナンスに関する手間が小さいです。
そもそもアパートは、老朽化に伴って様々な工事などが必要になってきます。上記でも触れたリフォームが必要になる事もありますし、それに関する手間は非常に大きいです。無事にリフォームが行われたか否かを確認する手間も、かなり大きいと言えます。
それに対して駐車場投資の場合は、そこまでを大きな労力が求められる事はありません。確かに駐車場物件でも、メンテナンスが必要になる事はあります。フェンスや設備など、様々な交換が必要になる事はあるからです。

しかし住宅と比べれば、そこまで大掛かりなメンテナンスは求められません。比較的小規模なレベルで収まるケースが多く、少ない手間で管理を行う事ができます。ましてメンテナンスに求められる費用も、アパート物件と比べれば、かなり小さい訳です。

このように駐車場投資には、費用やメンテナンスに関するメリットがある訳です。

業者選定には時間がかかります。レバレッジや取引条件をまとめて分析しなければ比較。

FX: